接骨院と整骨院の違いを知っていますか?

違い 接骨院・整骨院とカイロプラクティックの違いについて、ご来院のTさんから質問を受けました。

接骨院・整骨院とカイロプラクティックの違いが分からない方もきっと多いと思いますので、今回はそんなお話をしたいと思います。

まず始めに、接骨院と整骨院は名称こそ違いますが内容は同じです。

例えるなら「おむすび」と「おにぎり」の様なものでしょうか。「柔道整復師」という資格を持つ人が「柔道整復」という治療をしてくれる治療所を接骨院・整骨院と呼びます。

柔道整復師の「整復」とは骨折や脱臼した部分を治療する事で、柔道整復師の専門は骨折・脱臼・捻挫(肉離れ)・打撲などです。骨折・脱臼・捻挫(肉離れ)・打撲などは保険適応なので治療費は何割かの負担で済ますことができます。

肩こりや腰痛などの慢性的な症状は、保険適応がないので完全実費の治療になります。

最近では、慢性的な症状に対して、違法な保険診療を行う接骨院や整骨院がさまざまなメディアなどで取り上げられ、社会問題になっていると聞きます。

これは接骨院や整骨院だけの問題ではなく、患者さん自身にまでも法的装置が取られることがありますのでご注意ください。

実はアプローチが全く異なります。

接骨院・整骨院は基本的に対処療法になります。カラダの不具合に対して、痛みを取り除く事を目的に治療をしています。

一方、カイロプラクティックは対処療法に加え、予防医学的要素がかなり強いです。

最近では、独自でカイロプラクティックを一生懸命勉強し、予防医学の大切さを伝えている接骨院の先生もいらっしゃいます。カラダの不具合に対して、その痛みを取り除くことはもちろんの事、不具合の根本的な原因を探り、再発予防を目的に施術を行うのです。

例えばあなたが腰痛の場合。

整骨院・接骨院なら、電気治療やテーピング治療などが基本になると思います。場合によっては、湿布や腰痛バンドの購入を勧められるかもしれません。

「まさきカイロプラクティックオフィス」では、痛みの元であるトリガーポイントの解除、サブラクセーション(いわゆる背骨や骨盤のズレや動き)の矯正、背骨を取り巻く筋肉のハリの緩和、リンパ・血行の改善など様々なアプローチで改善に導きます。

さらに患者さんの日常生活における姿勢や動作の矯正・調整アドバイス、在宅ストレッチなどの解説も実施します。

重要なことは、実は痛みを止める事だけではありません。痛みを止めて、再発しないカラダにすることが重要なのです。

カイロプラクティックは、元気なカラダであなたの好きなことや、やりたいことへ100%のエネルギーをを注げるように毎日の健康をサポートすることが目的だと考えています。

あなたの参考になれば幸いです。

【両国・錦糸町の整体】まさきカイロプラクティックオフィス
東京都墨田区緑2-17-6-102
03-6808-9975「ホームページを見て…」とお電話ください。
24時間受付のお問い合わせフォームはこちらです。
平日 10:00~20:00
土曜 10:00~18:00
休診日 月曜・日曜・祝日
墨田区両国・錦糸町・森下・菊川などから多数ご来院いただいております。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ