腰椎椎間板ヘルニア

デスクワーク・腰痛

まさきカイロプラクティックオフィスではこれまで10年以上、腰椎椎間板ヘルニアにお悩みの方たちと向き合ってきました。

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状としては腰の痛みや違和感を覚える「いわゆる腰痛」ですが、ひどくなると腰痛だけでなくお尻、太もも、ふくらはぎ、すね、足の裏や指先などに痛みや痺れといった症状が起こる場合もあり、坐骨神経痛と診断されることも少なくありません。

今回は、腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ当院の施術方針について書きましたのでぜひお読みください。

あなたはこんな経験ありませんか?

・腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)と診断を受けた。
・慢性的に腰痛があり、時々動けなくなるほど痛い。
・お尻や太ももにも痛みを感じる。
・足が痺れる時がある。
・足の感覚が鈍い。

当院はこのような方たちが来院されています。

椎間板ヘルニアの原因は?

腰痛について 椎間板ヘルニアの原因は大きく2つあります。

1つ目の原因は、先天的要因といってあなたが生まれ持った体質や骨の形など、2つ目の原因はあなたの日頃の姿勢やカラダの使い方といった生活習慣的要因があり、そこに加齢が関係しています。

椎間板は骨と骨の間にある組織で、骨が擦れることや神経を守るクッションの働きをしているのですが、座った姿勢や前屈みの姿勢や動作などでも体重の約2倍〜3倍の負担が椎間板には掛かると言われています。

外的圧力により椎間板ヘルニアになるという報告もありますが、生活習慣的要因の長年の繰り返しが椎間板ヘルニアの原因になると考えられています。

当院では約30種類以上のさまざまな検査を行い、根本的な原因の把握を目指して取り組んでいきますので、我慢せずお気軽に当院まで足を運んでみてください。

当院ではこんな施術を行います。

当院では痛みや痺れの緩和だけでなく、再発しにくいカラダ作りを目指します。

椎間板ヘルニアの原因や痛みや痺れが出ている場所によって行う施術はさまざまですが、あなたのカラダをしっかりと診させていただいた上で最適な施術を提供いたします。

また生活習慣的要因についても、あなたに合わせた姿勢やカラダの使い方を適切にお伝えいたします。

分からないことは何でもご相談ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ