手の痺れ・足の痺れ

手の痺れ・足の痺れ

当院は開業以来のべ4000人を超える手や足の痺れに悩む
患者さんと真剣に向き合ってきました。

みなさん共通して言えるのが、とても不安そうにされています。
病院の検査では異常なし、でも違和感は日に日に増すばかり。

「いったいいつ治るんだろう…」
不安になってしまうのも仕方がありません。

もしあなたが手や足の痺れ・違和感でお悩みでしたら、
当院の手や足の痺れ・違和感に対する施術方針を書きましたので、
じっくりとお読みください。

 

こんな経験ありませんか?

病院や整形外科などでは異常なし。
指先がいつもピリピリする。
感覚がないような感じ。
力が入らない。入りにくい。
腕が常に重たい。
整体・マッサージなどに行っても痺れが残る。
ヘルニア・坐骨神経痛と診断された。

など、当院はこの様な患者さんが来院されています。

不快な痺れと不安

痺れや神経痛はどこに出ているというのが明確ではなく
全体的にや何となくこの辺がと言ったケースがあります。

病院で「運動不足・ストレス」と診断される事もありますが、
日常生活でのストレスをなくす事は非常に難しいと思います。

運動不足やストレス発散。
分かっているけどそんな余裕ありませんよね。

ストレス発散の為の運動がマイナスに作用している事もあります。

不快な手や足の痺れでお悩みのあなたも、
ぜひ、当院にお気軽に足を運んでみてください。

 

手や足が直接の原因ではない場合も!?

手足の痺れ

手・足の痺れは、実は原因が違った所にある場合もあります。
人間のカラダには無数の神経が流れています。

主に痺れ感は、神経圧迫か血流障害が原因です。
例えば、手の神経は脳から首を通って腕、手へと流れています。

そのどこかで神経圧迫が起こってしまうと、
結果として手や腕に痺れ感を覚えます。

足も同様で、腰からお尻を通って、
もも、ふくらはぎへと神経は流れています。

病院などで、手や足をいくら治療しても改善しないのは
それらを無視した治療を行っているからです

 

当院ではこのような施術を行います。

神経圧迫が原因の場合、手や足の痺れがどこに起こるのか
という事によって疑う部位を絞り込むことが出来ます。

また、血流障害が原因であれば筋肉操作を行い、
血流を高める事で痺れの緩和が期待出来ます。

当院では筋肉操作とカラダの歪みを整え、
神経圧迫の軽減と血流を高めることで痺れの緩和を目指します。

 

手や足の痺れが改善された患者さんの声

当院に手や足の痺れの改善で
ご来院された患者さんからいただいた感想を紹介します。

ご参考になれば幸です。

 

手・足のしびれ

キエコさま
<会社員>

「楽しく通院しています」
(手・足のしびれで来院されました)

腰痛と足への神経痛がひどく、一年程整形外科に通っていました。全く改善しないので治療方法を変えてみようと思い「葛西カイロプラクティック」にお世話になることにしました。真崎先生が丁寧にカウンセリングして下さり、安心して治療を受けることが出来ました。神経痛は一度の治療でほとんど取れました。腰痛は完治していませんが、3週間に1度通院を続けて体のメンテナンスをして頂いているので大事には至っていません。また、治療中の先生とのお話も良い気分転換になっており楽しく通院しています。

※施術の効果には個人差があります。

お気軽にご連絡下さい

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ