ぎっくり腰

ぎっくり腰

当院では開業からの約10年間、「急性腰痛」いわゆる「ぎっくり腰」
にお困りの方の施術をしてきました。

「ギクッ」という衝撃から「魔女の一撃」と言われることもありますが
特にきっかけもなく、「気が付くと腰が動かせなくなっていた…」

と、突然やってくるの場合もあるのでとても困った症状のひとつです。

慢性的な腰痛持ちの方、腰痛がなくても年に何度か繰り返している方、
腰以外にも背中や肩などが急に痛くなることがある方など、

一言で「ぎっくり腰」と言っても、個人差やその時々で痛みの箇所も
異なる場合もあります。

そこで今回は、ぎっくり腰について当院の施術方針をまとめましたので、
ぜひお読みになってください。

あなたは今、どんな状態ですか?

□ 腰が痛くて前後左右に動かせない。
□ 腰が痛くて立つことがままならない。
□ 座っていても腰がつらい。
□ 横になると楽だが、起き上がれない。
□ 寝返りが打てない。
□ 足やお尻にしびれを感じる。

など、当院はこのようなご相談を受けています。

□ ぎっくり腰のペースが前よりも増えてきた。
□ 治るのに時間が掛かるようになった。
□ 予防を頑張っていても、再発する。

と言ったご相談を受けることもよくあります。

ぎっくり腰はいつ起こるのか予測するのが難しいのですが、
「治った。」と判断するのもとても難しい症状です。

一度「治った」と思って放ってしまったり無理をしてしまうと、
椎間板の変形や痛みによる歩行困難など起こす場合もあるので
なるべく早い段階で、じっくりと対応することが大切です。

ぎっくり腰になってしまったら…

ぎっくり腰2 慌てる必要はありませんが、重大な病気の可能性もありますので、
痛みがひどい場合は、整形外科への受診をお勧めいたします。

当院でも応急処置的な施術と検査を行わせて頂きますが
重度の場合は、両国近隣の整形外科をご紹介しています。

当院では、ご自分でもできる応急処置もご提案しています。

まず、お試し頂きたいことは、

1・痛くない、つらくない姿勢で安静にする。
2・患部を冷湿布や氷で冷やす。

ぎっくり腰の痛みのピークは2〜3日目と言われていますので、
少しでも早くお試しください。

よく入浴をしても良いか?というご質問を頂きますが、
初期段階では入浴は避けてください。

治りを遅らせたり、痛みを悪化させてしまうことがあるためです。

当院ではこのような施術を行います。

_KMT3098 初回の際は、応急処置的な施術と検査を行わせて頂きます。腰の状態によっては整形外科をご紹介いたします。

応急処置的な施術とは、患部には触れず背中・お腹・足などの施術を行い、腰の痛みの緩和を目指す方法です。

腰の筋肉を緩め過ぎてしまうと、体が支えられず動けなくなってしまう場合もあるため、初日は刺激を最小限に抑えた施術を行います。

検査も行い「楽な姿勢や冷やし方」などの対処法もお伝えします。

そして、2回目のご来院から本格的な治療を開始させて頂きます。

全身をゆっくりと揺らすカイロプラクティック療法によって
背骨や骨盤の調整を行います。

背骨や骨盤の調整は痛みの緩和と予防に役立ちます。

とにかく痛みを取りたい。
再発しないように予防したい。

あなたの目標に合わせた施術計画をご提案させて頂きます。

※当院ではこのような検査も行なっております。 ゆがみーる画像用

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ