【腱鞘炎】指先や手首の痛み

腱鞘炎について 先日、育児中のママさんが腱鞘炎の改善で来院されました。

いろいろな病院や整形外科に足を運んだそうですが、思うように改善されず、当院にご相談いただきました。腱鞘炎は改善の難しい症状のひとつではありますが、本当に多くの方がお悩みになる症状でもあります。

そこで、今日は腱鞘炎について、少しお話したいと思います。

指先・手首の痛み【腱鞘炎】について

手首の痛み・腱鞘炎 人間は、指・手首の曲げ伸ばしを、腱という組織を伸び縮みさせることで行っています。腱とは主に骨から筋肉に繋がっている組織で、関節を動かすことに欠かせない機能を担っています。

腱は伸び縮みをよりスムーズに行うために、腱鞘と呼ばれる組織によって覆われていて、その腱鞘が炎症を起こしている状態を「腱鞘炎」と言います。

一般的に「腱鞘炎」は、指先や手首を酷使することが原因です。

指先・手首を酷使することによって筋肉に疲労が溜まり、筋肉が徐々に緊張し、その緊張した筋肉が腱鞘に擦れてしまう。パソコン作業や携帯・スマホの操作・指先や手首を長時間使うなど、これらは代表的な腱鞘炎の原因です。

また、腱鞘炎は女性に多くみられる症状です。

特に出産後や更年期など、女性ホルモンのバランスが不安定な時期に、発症することが多いです。赤ちゃんの抱っこなどの影響も大きいのですが、女性ホルモンのアンバランスも決して無関係ではありません。

代表的な症状は、指先・手首を動かすと痛む、指先・手首・腕・肩のだるさ、指先・手首の痺れ感など、酷くなると腫れたり、物を持ったりすることができなくなってしまう場合もあります。

初期の頃では、手のひら・指先・手首の動かしづらさなどの違和感を覚えますが、症状が進んでしまうと痛みやその頻度が増えてきてしまいます。

少しぐらいの違和感だからと言って放置してしまうのは決して得策ではありません。

当院ではこのような施術を行います。

腱鞘炎・手首の痛み やはり、腱鞘炎の最大の原因は指先・手首の酷使ですので、使う頻度の減少や患部を休ませる事が最も重要です。

育児などで酷使することが減ったら、なんとなく治ってしまった…とそんな方もいらっしゃいます。

しかし、単に酷使だけが原因となるわけではありません。

筋肉の疲労と緊張も原因のひとつになりますので、当院では、肩から腕・手首・指先にかけての血流を上げ、筋肉疲労を取り除くことで、腱鞘炎の症状緩和に繋がると考えています。

手・腕のピリピリ感と痺れ(しびれ)
手の痺れ・原因と改善方法

【両国・錦糸町の整体】まさきカイロプラクティックオフィス
東京都墨田区緑2-17-6-102
TEL:03-6808-9975 「ホームページを見て…」とお電話ください。
Mail:info@kasai-chiro.com お問い合わせフォームはこちらです。
平日 10:00~20:00
土日 10:00~18:00
定休日 月曜・日曜・祝日

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ