ぎっくり腰の応急処置と対処方法

こんにちは、葛西カイロプラクティックの真崎です。

ぎっくり腰応急処置

本日、「ぎっくり腰をした…」とお問い合わせがありました。

あまりの痛みに、立ち上がることさえ出来ず、明日からの仕事に支障が出るとのことです。

 

お話を伺った結果、本日のご来院はご遠慮頂きましたが、

簡単に応急処置と対処方法を電話でお伝えさせて頂きました。

 

毎年この時期には急増するぎっくり腰ですが

もし万が一、ぎっくり腰になってしまった場合の対処方法と応急処置を書こうと思います。

 

—————————————————

ぎっくり腰になった場合、大事なのは冷やすことと安静にすることです。

 

ぎっくり腰は、ほとんどの場合筋肉の炎症があり、

迂闊に温めてしまって、炎症が広がり悪化するケース多々があります。

 

冷湿布も良いですが、ビニール袋に氷をたくさん入れ感覚がなくなるほど冷やします。

 

炎症は基本的に48時間程度で引くと言われていますが、

個人差がありますので、痛みが落ち着くまではとにかく冷やして安静にしていてください。

 

つらい姿勢や動作を極力避けて、安静にして頂くことも重要です。

横になっているのが楽なケースが多いですね。

 

ある程度痛みが引いたら、整形外科を受診して頂くことがご本人の安心に繋がります。

 

また、「ぎっくり腰はクセになる。」など聞いたこともあるかもしれませんが、

クセにしないためにも、予防をすることや生活習慣を改めることも重要になってきます。

 

カイロプラクティックも痛みの緩和は可能ですが、予防をに重きを置いた施術療法なので、

「ぎっくり腰はもうヤダ!」

と、お考えの方はカイロプラクティックでの予防をお勧めします。

 

↓詳しくはコチラをご覧下さい。

【寝違え・ぎっくり腰のページ】江戸川区の整体院・葛西カイロプラクティック

 

================================

【江戸川区の整体院】マッサージ師も通う葛西カイロプラクティック

東京都江戸川区中葛西5-41-8-202

TEL : 03-6808-9975 「ホームページを見て…」とお電話ください。

24時間受付のお問い合わせフォームはコチラです。

平日 10:00~20:00

土日 10:00~18:00

定休日 毎週月曜日

================================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ