【つらい頭痛】あなたは頭痛薬を飲まない派?そんな女性が増えています。

頭痛薬

仕事や趣味、家事、育児など充実した毎日を送りたい。
誰もがそんな風に考えているのではないかと思います。

でも…

頭が痛くて気持ちが入らない。
頭痛で仕事や趣味、家事、育児が手に付かない。

など、頭痛は日常生活に多大な影響を与えます。

あなたはそんな経験ありませんか?

当院にも頭痛にお困りの方がいらしていますが、頭痛薬(鎮痛剤)を服用する方と頭痛薬(鎮痛剤)を服用しない方、頭痛薬(鎮痛剤)に対する考え方がみなさんそれぞれです。

偏頭痛・緊張性頭痛・群発性頭痛など頭痛のタイプはそれぞれで、その原因や対処法は異なります。

・ストレートネックと緊張型頭痛
・【目の奥の痛み】これって偏頭痛?

すぐに頭痛薬(鎮痛剤)に頼ってしまうのは得策と言えませんが、実は我慢し過ぎることも決して良いこととは言えません。

分からない方も多いと思いますので、今回はそんなお話をしたいと思います。

なるべく薬を飲まないようにしています?!

頭痛薬その2 女性(2362人)を対象にしたある頭痛調査によると、月に1回以上の頭痛を引き起こす人は約7割(71.8%)を超えるそうです。

頭痛にお困りの女性がとても多いというのが伝わってきますが、『頭痛がしたら頭痛薬や鎮痛剤を飲みますか?』と言った問いに対して『ちょっとでも頭痛がしたら頭痛薬や鎮痛剤を飲む』と答えた人は、わずか26%程度だったそうです。

最近では頭痛薬や鎮痛剤に「副作用がありそう」「耐性がつきそう」と言った不安もメディアなどで耳にし、頭痛薬や鎮痛剤に「抵抗がある」と考えている方が増えているのかもしれません。

では、残りの74%の方は頭痛の時、どうしていると思いますか?

これには正直驚きましたが、なんと74%の方たちは辛い頭痛を我慢しているそうです。

仕事中であれば、仕事に集中できなくなり効率が下がりますし、趣味の最中であればせっかくの趣味が台無しに…家事や育児をしていても、大切な家族に強く当たってしまうなんてことにもなり兼ねませんよね。

僕も経験したことがありますが、頭痛を我慢するのは容易ではありません。頭痛薬や鎮痛剤を勧める訳ではありませんが、絶対に飲まない方が良いという訳でもありません。

飲み過ぎや頼り過ぎには注意しましょう。という程度が良いと思っています。

当院へいらしている方たちも”頭痛薬や鎮痛剤をうまく使いながら頭痛の改善とともに服用を減らしていく”という健康目標に向かって頑張っています。

あなたは辛い頭痛を必要以上に我慢していませんか?

頭痛の自己判断はとても危険なので、自己判断の前に病院での検査をお願いしていますが、慢性的な頭痛(偏頭痛・緊張性頭痛)は首・肩・背中などの筋肉緊張が原因となっていることもあります。

薬に頼りたくないと考えている方や、頭痛がするけど我慢をしていると言った方でも、筋肉緊張を取り除くことができれば、頭痛の改善や緩和、または予防を期待できるかもしれません。

・頭痛について/両国・錦糸町の整体院
・肩こりについて/両国・錦糸町の整体院
・あごの痛みや顎関節症について/両国・錦糸町の整体院

あなたも頭痛薬や鎮痛剤での一時的な緩和ではなく根本的な頭痛改善を目指してみませんか?

もしあなたや、あなたの大切なご家族、ご友人などが辛い頭痛でお困りでしたら、一度『まさきカイロプラクティックオフィス』までお気軽にご相談ください。

【両国・錦糸町の整体】マッサージ師も通う『まさきカイロプラクティックオフィス』
東京都墨田区緑2-17-6-102
TEL:03-6808-9975「ホームページを見て…」とお電話ください。
Mail:info@kasai-chiro.com お問い合わせフォームはこちらです。
平日 10:00〜20:00
土曜 10:00〜18:00
定休日 月曜・日曜・祝日

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ