体が硬い!?整体で私の体は柔らかくなりますか?

体が硬い 「体が硬いのですが、整体やカイロプラクティックで私の体は柔らかくなりますか?」
日頃からヨガを頑張っていらっしゃる方から、この様なお問い合わせを頂きました。

ご自分の体が硬いと考えている方は結構多いのではないでしょうか?

カイロプラクティックや整体では、体を柔らかくするお手伝いが出来ると考えていますが、お手伝い出来ない部分もあります、と当院ではお答えをしています。

ストレッチや体操を頑張ってもなかなか体が柔らかくならない…
ヨガの先生みたいにもっと体を柔らかくしたい。
そんな風に思っている方もきっと多いと思います。

では、そもそも体が硬くなる原因はいったい何でしょう?
今回は体が硬いとお困りの方に、当院の考え方を少しお話ししたいと思います。

体が硬い、その原因は?

一般的に大きく原因は2つに分けられると言われています。
ひとつは筋肉の問題、もうひとつは関節の問題です。

筋肉が硬くて収縮しづらくなっている場合は、やはり運動不足と言わざる負えません。
筋肉は日頃から伸ばしたり、縮めたりと動かす事によって、伸縮性と柔軟性が増します。

年を取ると筋肉が硬くなると言われる事もありますが、大人になると子供の時に比べて運動量が落ちる事が多く、その結果として硬くなる事がほとんどです。

実は、運動不足がひとつの原因になるということですね。

また、血流も筋肉にとっては大切な要素になります。

血流が悪くなると血管中の老廃物処理や筋肉に栄養分を送る事が上手く進まなくなり、筋肉の収縮力が低下してしまいます。

むやみに筋肉を伸ばすだけでなく、筋肉に栄養分を十分に送れるよう、日頃から血流を高めておく事も大切です。

そして関節の問題に関しても、筋肉は関節をまたがって繋がっているため、筋肉が硬くなると関節の可動域も減少してしまいます。

ストレッチをしてもなかなか体が柔らかくならない…

という方は、関節の可動域を上げていく必要があります。

関節の可動域減少の原因は日頃の姿勢とも深い関係があります。
姿勢が悪いと、人間本来の関節可動域が確保出来ません。

例えば、背骨の可動域は前後左右45°程度しか傾かないと言われていて、45°以上の前屈などをする場合は一緒に骨盤が動き背骨の可動を助けています。

この様に体は様々な関節や筋肉が連動し動きを助けているわけです。

骨盤や背骨に歪みがあり、筋肉や関節の動きを制限していれば、体は徐々に動きにくくなってしまうということです。

ですので、まさきカイロプラクティックオフィスでは体を柔らかくするためには”適度な運動と姿勢の改善”この二つが重要な事だと考えております。

姿勢を改善し体の柔軟性と取り戻したい!とお考えの方は、お気軽に当院までご相談下さい。

あなたの参考になれば幸いです。

=================================
【両国・錦糸町の整体】まさきカイロプラクティックオフィス
東京都墨田区緑2-17-6-102
TEL : 03-6808-9975
MAIL : info@kasai-chiro.com お問い合わせフォームはコチラです。
平日 10:00 ~ 20:00
土日 10:00 ~ 18:00
定休日 月曜・日曜・祝日
=================================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ